2008年12月09日

千葉が受験生向け“落ちないグッズ”発売へ

リーグ最終戦の大逆転勝利でJ1残留を決めた千葉が、受験生向けに“落ちないグッズ”を販売する方針であることが7日、分かった。三木博計社長(59)が試合後に「皆さん、ほっぺたをつねってください! 夢じゃないですよ」とサポーターに呼びかけたことから、眠気覚ましにほっぺたを挟む「洗濯ばさみ」が有力。クラブ創設以来、降格知らずの御利益にあやかれる!?

 受験生諸君、これで厳しい冬を乗り越えよう。奇跡のJ1残留から一夜明け、千葉が受験シーズンに必須の“落ちないグッズ”の販売に動き出した。

 「せっかくだから、やりたい。ただのお守りではつまらない」

 島田亮・業務統括本部長は前向き。6日のF東京とのリーグ最終戦は0−2から12分間で4点を奪う逆転勝利。J2自動降格の17位から15位に順位を上げ、1946年のクラブ創設以来、降格知らずの伝統を守った。この神懸かり的な“落ちない力”で受験生をサポートする狙いだ。

 まだ企画立案中だが、試合後に三木社長が「皆さん、ほっぺたをつねってください!」と夢心地で絶叫したことから、眠気覚ましにほおを挟む「洗濯ばさみ」が最有力。ウトウトしたら、ほっぺたをギュッ。最後まであきらめなかった千葉のサッカーを思い出し、もうひと踏ん張りだ。

 もちろん、15位の最終順位は誇れるものではない。クラブ内部には「そんなグッズを販売して、サポーターに調子に乗っていると思われる」と不安視する声もある。98年には福岡が同様のケースで「落ちないお守り」を販売したところ、02年にJ2降格となるあしき前例もあるが…。

 早ければ、来年1月17日開始の大学入試センターまでに販売予定。合格祈願のお守りよりも、実績と信頼の62年間を誇る千葉の洗濯ばさみ。一発合格の決定力を発揮しそうだ。
(サンケイスポーツ)


posted by サッカーコラム at 20:08| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカーニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。